• ご挨拶
  • 事業紹介
  • 会社概要
  • 私たちの歩み
  • リクルート情報

私たちの歩み

私たちの歩み

  • 1946~1975
  • 1976~1996
  • 1997~現在

お問い合わせ

1946~1975

富士化学工業の夜明け

戦後の傷跡が生々しく残る昭和21年10月10日。西田正義、安正は、深刻化する食糧難を解消するために、パン用イースト菌製造を主体とする新会社を富山県上市町の地に設立しました。しかし、思うように業績は上がらず、経営は悪化の一途。けれども、人々のためになるものを提供したいという夢は尽きることなく、昭和26年には、大戦時に陸軍薬剤官を務めていた石野誠三を迎え、胃病を治すための制酸剤の研究に着手しました。こうした努力が実り、昭和29年に「ノイシリン」開発に成功。副作用のない理想的な制酸剤として高く評価され、全国から脚光を浴びました。昭和39年には有機医薬品に進出し、「塩酸ピペサネート」の工業化に着手。無機医薬品製造と有機医薬品製造の二本柱によって、日本の医薬界に確固たる地位を築き、昭和44年には郷柿沢地区に事業拡大のための工場用敷地(31,702坪)を確保。品質向上、コスト低減、スピード化を実現しながら、富士化学工業は戦後から高度成長期へと続く激動の時代を歩みました。

西暦 富士化学工業のあゆみ 日本のあゆみ
1946年 初代社長・西田正義、専務・西田安正、富山県上市町の地に会社を設立。 第1次吉田茂内閣成立。東京裁判始まる。
1951年 のちに、世界を代表する制酸剤となるノイシリンの研究を開始。 対日平和条約・日米安全保障条約調印。
1954年 ノイシリンの製造承認許可を獲得し、量産開始。 第1次鳩山一郎内閣成立。第五福竜丸、ビキニ島で被爆。
1957年 米、英、独など6カ国にノイシリンの特許出願。 第1次岸信介内閣成立。5千円札の発行(聖徳太子)。
1960年 科学技術庁より科学技術功労賞を受賞。 第1次池田隼人内閣成立。カラーテレビ放送を開始。
1961年 通産大臣発明実施賞を受賞。 ケネディ、第35代米大統領に就任。
1962年 初代・正義に代わり、西田安正が社長に就任。 東京、世界初の1000万人都市となる。堀江青年、太平洋ヨット単独横断に成功。
1965年 1号スプレードライヤー完成。 中国文化大革命運動始まる。
1966年 2号スプレードライヤー完成。有機薬品ピペサネルを量産化。 住民登録の総人口1億人を突破。厚生省、医家向け医薬品の添付禁止通達。
1969年 郷柿沢地区に31,702坪の工場用地を買収。 日本万国博覧会、大阪で開催。日航機「よど号」ハイジャック事件。
1973年 高松宮殿下奉迎し、工場を視察される。 オイルショック起こる。
1974年 郷柿沢工場に有機薬品工場第1棟、3号スプレードライヤー完成。 厚生省GMPを通達。三木武夫内閣成立。

▲このページのトップへ