• アスタキサンチンの魅力
  • アスタリール®とは
  • 製品・製造・安全性紹介
  • 用途開発サポート
  • 賦形剤と受託加工

製品・製造・安全性紹介

製品・製造・安全性紹介

製品紹介
製造体制
製品の安全性

お問い合わせ

  • アスタリール®
  • トコトリール
  • アスタキサンチン学術・技術情報サイト
  • アスタキサンチン研究論文ライブラリー
  • 富士化学工業のスプレードライ技術

製品の安全性

特定保健用食品に適応される安全性試験を実施し、アスタリール®の安全性を確認しています。

アスタリール®およびアスタキサンチン製品に関して、富士化学工業では特定保健用食品に適応される安全性試験を実施しています。試験の結果、有害な作用は認められませんでした。

ラット急性毒性試験

富士化学工業製アスタリール®オイル50F 2,000mg/kg(アスタキサンチンフリー体で100mg/kg)を単回経口投与したが、何ら異常は見られませんでした。
高橋ら:臨床医薬、20,876-881(2004)

ラット90日間亜慢性毒性試験

ヘマトコッカス藻由来アスタキサンチン2-50mg/kg(体重60kgのヒトでは120-3,000mg服用に相当)経口投与したところ、一般状態、血液学的、血液生化学的、病理組織学的に何ら影響は認められませんでした。
Ono et al.:Bull, Natl, Health Scl., 117.91-98,(1999)

変異原性(がん原性)試験

富士化学工業製アスタリール®オイル50Fについて、細菌を用いた復帰突然変異試験(Ames試験)で陰性でした。
高橋ら:臨床医薬、20,876-881(2004)

ヒトでの安全性試験

1)健常人19名がヘマトコッカス藻由来アスタキサンチン6mg/日を8週間摂取し、16名がプラセボを同様に摂取した。摂取前後で血液学的・生化学的検査値、血圧を比較したところ、変化は見られませんでした。
Spiller, G.A., et. Al.: J Med Food., 6, 51-56(2003)
2)富士化学工業製アスタリール®オイル50F(アスタキサンチンフリー体6mg/日)を健常人15名が3ヶ月間摂取して、体調、血液学的検査値、生化学的検査値を摂取前後で比較したところ、何ら変化は見られませんでした。
塚原ら:健康・栄養食品研究,8,1-11(2005)
3)富士化学工業製アスタリール®オイル50F(アスタキサンチンフリー体30mg/日)を健常人10名が4週間摂取して、体調、血液学的検査値、生化学的検査値を摂取前後で比較したところ、何ら変化は見られませんでした。
大神ら:臨床医薬,21,651-659(2005)

また、15消安第1321号に係る食品健康影響評価の結果の通知について、「アスタキサンチンの一日許容摂取量を設定しない。」と答申されている。(食品安全委員会 委員長 寺田雅昭,府食第281号の1 平成16年3月11日)