• アスタキサンチンの魅力
  • アスタリール®とは
  • 製品・製造・安全性紹介
  • 用途開発サポート
  • 賦形剤と受託加工

用途開発サポート

用途開発サポート

筋肉
眼
肌
生活習慣病
脳

お問い合わせ

  • アスタリール®
  • トコトリール
  • アスタキサンチン学術・技術情報サイト
  • アスタキサンチン研究論文ライブラリー
  • 富士化学工業のスプレードライ技術

脳

血液脳関門を通過する特性を活かし、脳疾患の進行予防が期待されています。

老化により赤血球膜に過酸化脂質が増えると、赤血球の酸素運搬能力が低下し、脳組織の酸素が不足して、認知症の進行につながると考えられています。そこで、赤血球膜の過酸化脂質の蓄積を抑制できるアスタキサンチンは、認知症をはじめとする様々な脳疾患の進行を予防することが期待されています。

脳浮腫の低減

ラット脳の海馬領域のスライス標本に対し、酸素とグルコース供給を低下させることによる虚血モデルでアスタキサンチンの作用を調べたところ、脳浮腫を低減させた。

(Kudo, Y., et al.:Carot. Sci., 5, 25, 2002)

脳虚血により生じる水迷路学習障害の軽減

マウス両側総頚動脈を一定時間縛る脳虚血により生じる水迷路学習障害が、アスタキサンチンの投与により軽減した。

(Hussein, G., et al.:Biol Pharm Bull, 28, 47, 2005)

抗不安・抗うつ効果

ラットにアスタキサンチン投与すると運動トレーニングによる抗不安・抗うつ効果がさらに増強された。

(松井崇ら、日本体育学会、2009)

反応時間の短縮

ヒトが移動視標を追従して手でボタン押すまでの反応時間を調べる課題において、アスタキサンチン6mgを4週間摂取することで反応時間の短縮が認められた。

(瀬谷安弘ら:日本生理人類学誌,14,17,2009)

導眠効果

閉経女性がアスタキサンチン12mgを8週間摂取したところ、寝付きに改善がみられた。

(Iwabayashi, M., et al.:Anti-Aging Medicine, 6, 15, 2009)