• アスタキサンチンの魅力
  • アスタリール®とは
  • 製品・製造・安全性紹介
  • 用途開発サポート
  • 賦形剤と受託加工

用途開発サポート

用途開発サポート

筋肉
眼
肌
生活習慣病
脳

お問い合わせ

  • アスタリール®
  • トコトリール
  • アスタキサンチン学術・技術情報サイト
  • アスタキサンチン研究論文ライブラリー
  • 富士化学工業のスプレードライ技術

筋肉

運動負荷による筋肉損傷を軽減し、乳酸値の上昇も抑制します。

常に自己の限界に挑戦するアスリートにとって、疲労回復や疲れにくいコンディションづくりは大きなテーマです。アスタキサンチンは運動負荷による筋肉細胞膜の過酸化を抑制し、筋肉損傷を軽減することにより疲れにくい身体作りに貢献します。また、運動後の血中乳酸濃度を低下させる効果も確認されており、持久力の強化にもつながります。

筋肉の持久力向上

アスタキサンチンは、エネルギー産生の源であるミトコンドリア機能を高めたり、骨格筋の酸化ストレスを抑えて筋障害を軽減することで筋肉の持久力を高めていると考えられています。人が膝曲げ運動を長く行えたり、マウスが長時間走れるようになるのは、これらの機序によると考えられます。

(Aoi, W.,et al.:Biochem. Biophys. Res. Commun., 366,892(2008))
(Lignell. A.,et al.:WO99/11251(1998))

研究データ

アスタキサンチン投与による筋肉持続力向上作用

(C.L.Malmsten , Raddnigshalsan , Gustavsberg , Sweden)

17~19歳の男子学生40人をアスタキサンチン投与グループ、プラセボ投与グループに分け、それぞれアスタキサンチン4mg/日を6ヶ月間摂取させました。その結果、アスタキサンチン摂取群の筋肉持続力が有意に向上しました。

*臨床試験方法
男子学生40名(17~19歳)を2つのグループに分け、二重盲検にてアスタキサンチン投与グループ、プラセボ投与グループに分けて6ヶ月間臨床試験を行った。アスタキサンチンはヘマトコッカス藻由来のものを4mg/日摂取した。

*筋肉持続力測定方法
ウォーミングアップとしてエルゴメータ付き自転車こぎ(負荷125W、3分間)を行い、その後、スミス装置を使用し、42.5kgの負荷をかけ、90度の角度になるまで膝を曲げた回数を測定した。