• 事業トップ
  • ソリューション
  • 受託製造
  • スプレードライ技術
  • 医薬品・賦形剤

スプレードライ技術

スプレードライヤーの特徴と設備

スプレードライヤーを利用した医薬品加工は、医薬品に求められる均質性や粒子径コントロールの点で、他の製剤技術にない大きなメリットを持っており、コストパフォーマンスの点からも注目を集めています。

富士化学工業は、スプレードライヤーを利用した独自の固体分散体技術やオイルの粉末化技術を通じ、原薬に高い付加価値を付与した機能性原薬をお客様に提供することで、お客様の新薬開発に貢献しています。

富士化学工業は、2つのタイプのスプレードライヤーを保有しています。一般的に、溶媒が水の場合には開放型スプレードライヤーを、有機溶媒を用いる場合は密閉型スプレードライヤーを使用します。

スプレードライヤーの一般的特徴

特 徴 No. 概 要
高い汎用性 1 ほとんどの溶液、スラリー、エマルジョンの噴霧乾燥が可能です。
2 高い均一性を有する乾燥粉末に加工します。
3 粒度、嵩密度、水分含量をダイレクトに調整することが可能です。
事業&生産の向上 4 パイロット生産からコマーシャル生産へのスケールアップが容易です。
5 連続かつ大量生産が可能です。
6 通常4つから5つの造粒プロセスを、ひとつのプロセスで処理し、高いコストパフォーマンスを実現します。
7 成形性や打錠性の向上が可能です。
(生産効率の向上に貢献します。)
安定性の向上 8 加熱時間が短いため、多くの薬物で熱変性が見られません。
9 薬物を安定化することが可能です。
DDS機能の付加 10 バイオアベイラビリティを向上させます。
11 コントロールリリースを実現します。
12 苦味マスキングを実現します。