• 事業トップ
  • ソリューション
  • 受託製造
  • スプレードライ技術
  • 医薬品・賦形剤

スプレードライ技術

スプレードライ技術

スプレードライソリューション
スプレードライヤーの特徴と設備
機能性原薬(製剤中間体)
富士化学工業とスプレードライ技術

お問い合わせ

  • スプレードライ技術
  • ノイシリン®
  • フジカリン®
  • エフメルト®

富士化学工業とスプレードライ技術

富士化学工業は1965年より医薬品のスプレードライ加工の分野におけるパイオニアとして業界をリードしてきました。

富士化学工業が1965年にスプレードライヤーを導入した目的は、ノイシリン®の量産化と、お客様のカスタマイズニーズに対応するためでした。現在では、量産化への対応のみならず、原薬に高い付加価値を提供できる加工技術へと高めています。

スプレードライ加工された富士化学工業の代表的製品