ONLY ONE STORY ~挑戦を続ける日々のものがたり~

岡田洋平(研究開発部門)

重要なのはコストと効率、そして安全性のバランス

原薬医薬開発部は、お客様から受託した原薬や中間体の合成技術、製造プロセスの検討から、ラボ実験、試作製造、製造現場の管理、さらにDMF、化審法・労安法新規化合物申請などの各種書類作成も幅広く手がけている部門です。その中で私は、主に原薬、中間体の製造プロセスを検討する有機合成グループに所属しています。大学で学んだ有機合成の知識を活かしながら、高品質な原薬、中間体を低コストで効率的に製造するため、事前にラボースケールで実験を行っています。しかし、製品は最終的にはプラントスケールで製造されることになるので、コストや安全性を考えながら取り組む点が学生の頃とは違うところです。先進の有機合成技術や設備を組み合わせ、常に最適な製造プロセスで原薬、中間体が製造できるように取り組んでいます。

一人前の技術者に成長し、社会へ貢献したい

私は、自分の地元である富山での就職を希望し、アットホームな雰囲気が気に入って、富士化学工業へ入社することを決めました。まずは一人前になることを目標にしている私にとって、何でも気軽に聞ける先輩たちは心強い限りです。仕事内容は実験ばかりでなく、関係官庁に提出する書類の作成も任されています。資料の作成の方法が悪いとやり直しになることもあり、「報告・連絡・相談」を中心とした社会人としてのコミュニケーションの取り方にも注意しています。今はまだ微力ながらも、自分の手がけた合成技術が医薬品に活かされる喜びもあり、大きなやりがいになっています。将来的には製造部門を支えられる技術者に成長し、新たな合成技術や製造プロセスの開発を通じて、社会に貢献したいと思っています。

先輩メッセージ

学生の頃は、「良い仕事に就きたいな」という漠然とした想いがありましたが、やはり働く上で「やりがい」は大切です。時には逃げたくなるような困難もありますが、それを乗り越えると達成感があり、この仕事を選んで良かったなと思います。楽をしようと思わず、自分の可能性を広げ、成長するためにチャレンジするぐらいの気持ちで就職活動を頑張ってください。

社員紹介

  • 岡田洋平 研究開発部門
  • 西田 康宏 研究開発部門
  • 香取航 営業・マーケティング部門
  • ビンセント・ウッド 営業・マーケティング部門