ONLY ONE STORY ~挑戦を続ける日々のものがたり~

香取 航(営業・マーケティング部門)

お客様の問題を理解し、最適な製品や技術を提案

原薬医薬営業本部では、医薬品メーカーの研究・購買部門などで直面している問題を理解し、その解決につながる方法を富士化学工業の製品や技術を使って提案しています。これは決して簡単なことではありませんが、的確な提案を行い、新規のお客様を獲得することを常に目標にしています。幸いなことに、富士化学工業の有機溶媒を使うスプレードライ技術は、国内ではかなり認知されており、他社とは違う提案ができることが強みだと思います。
また、既存のお客様との納品スケジュール調整や価格折衝も重要な役割です。特にスケジュール調整については社内の関係部署と連絡を密にし、お客様からは早めに情報を収集し、的確な対応ができるように準備することが大切です。

新しい医薬品づくりへの貢献が夢

私が訪問するお客様は、医薬品の開発研究者がほとんどです。医薬品開発の最前線で活躍されている方々ですので、富士化学工業の製品や技術を紹介するにも相応の知識が必要になります。入社当時は専門的な話が理解できずに苦労したこともありましたが、上司の指導や関連部署メンバーのサポートを受け、お客様と仕事をさせていただく実践の場で成長していくことができました。
学生の頃から医薬品に関心があり、開発に携われることが私のやりがいです。もちろん、医薬品の開発は長い年数を要することがほとんどで、製品化に至らない場合も多々ありますが、いつかは富士化学工業の技術で新しい医薬品づくりに貢献したいという夢を持っています。

先輩メッセージ

私は千葉県出身で、正直言うと富山県にはまったく縁がなかったのですが、結果的に、希望していた医薬品業界でやりがいのある職に就くことができて良かったと思います。社内では富山弁が飛び交っていますが、先輩や同僚は気さくで和気あいあいとした雰囲気ですので、今では私もすっかり溶け込んでいます。今はグローバルの時代ですから、就職活動中の皆さんも「富山県の企業だから」と先入観を持たず、ぜひ私たちを訪問してください。

社員紹介

  • 岡田洋平 研究開発部門
  • 西田 康宏 研究開発部門
  • 香取航 営業・マーケティング部門
  • ビンセント・ウッド 営業・マーケティング部門