創業以来70年間にわたる飽くなきチャレンジが、今日のONLY ONEなビジネスを生み出しています。

国内4か所に事業拠点を構え、医薬品・機能性食品分野における独自路線の企業活動を展開。
その礎には、70年間の歴史の中で確実に受け継いできた創業の精神があります。
そんな富士化学工業の「これまで」と「いま」をご紹介します。

富士化学工業のDNA

ONLY ONEを生む仕事の礎は、脈々と受け継がれた「創業の精神」。

1946年、終戦直後の荒廃した国土を前に、創業者西田正義と安正は決意しました。「これからの人生は、微力ながら世の中のためになる事業をしよう。しかも今まで誰も手がけたことのない独創的なもので」この強い使命感と独創性を重んじる精神は、現在の富士化学工業に脈々と受け継がれ、そのONLY ONEな成果は医薬品から健康食品や製造技術まで多岐にわたっています。

  • 制酸剤として開発され、現在では賦形剤として活用される「ノイシリン®」
  • DDSなど先端の医薬品ニーズに応える新型賦形剤「フジカリン®」、「F-MELT®」の開発
  • 有機溶媒対応のスプレードライを活用した製剤技術
    (量産レベルでは、世界で富士化学工業を含む2社のみ)
  • 優れた抗酸化作用を持つアスタキサンチンに早くから着目し、量産化に成功

しかし、このような成果をあげるまでの道のりは、決して平坦ではありません。今までになかったものを発想し、誰も気づかなかった部分に着目することでONLY ONEは生まれます。また、ある限られた分野でトップに立つからこそ、ONLY ONEと呼ばれるのです。ONLY ONEを生む仕事には道標も地図もありません。試行錯誤を繰り返し、壁にぶち当たりながらも、自分たちにしかできないことを求め、情熱を持って挑戦を続ける末にたどり着ける頂です。富士化学工業は、そうした挑戦による失敗さえも自分たちの大切な財産として、誇りを持って内外に語れる会社なのです。


アスタリールオイル


ノイシリン®

事業概要

病をいやし、人々の健康を守る事業領域で、質の高い生活づくりに貢献します。

原薬・医薬事業

独自の技術と、グローバルな品質保証体制に基づき、
原薬製造から製剤まで幅広いニーズに対応しています。

自社および数多くの他社製品の原薬合成から製剤にいたる医薬品の製造に加え、医薬品に添加される賦形剤の研究・開発および製造を行っています。医薬品の製造では、原薬に機能性を付加するスプレードライ加工において高度な技術と世界有数の最新設備を有しており、GMP基準を高いレベルで遵守した製造体制とともに国内外から高く評価されてきました。また、かつて制酸剤として製品化したノイシリン®を応用して独自の賦形剤を開発したことを契機に、フジカリン®やF-MELT®など、スプレードライ技術を活用したユニークな新規賦形剤の開発を手がけ、DDS技術による医薬品の性能向上や、開発期間の短縮に貢献しています。
ライフサイエンス事業

抗酸化素材であるアスタキサンチン市場の
リーディングイノベーターとして、
予防医療やアンチエイジングの分野で人類の未来に貢献します。

1994年、富士化学工業グループでは様々な疾病予防やアンチエイジングに効果が期待される抗酸化素材アスタキサンチンに着目し、研究開発の結果、高付加価値なアスタキサンチン原料ブランド「アスタリール®」として、世界で初めて安定的な商用生産に成功しました。その後、大学や研究機関と共同して豊富なエビデンスを蓄積しつつ、原料供給から最終製品の販売に至るまで多角的に事業を展開しています。グループ会社による健康・美容製品としての活用の他に、近年では医療機関を通じた独自のチャネルを開拓し、専門家の方々とともにアスタキサンチンの有用性を広める活動を続けています。

売上推移

国内外の市場開拓により、堅調な業績拡大を続けています。

富士化学工業の創成期からの中核として、今日に至るまで確実に成長を続ける原薬・医薬事業。
一方で、90年代後半以降に本格的な取り組みを開始したライフサイエンス事業も順調な伸びを見せ、現在これらの二事業は業績拡大の両輪として機能しています。
今後は、アジアの新興国を中心とした海外市場の開拓に特に注力し、両事業ともにより一層の成長を見込んでいます。

推移グラフ

拠点・事業所紹介

それぞれ機能の異なる国内外の拠点・事業所をご紹介します。

海外

スウェーデン、アメリカ合衆国、インド、シンガポール、オーストラリアの海外拠点を足がかりに、
さらなる世界市場の開拓に向けた事業戦略を展開しています。

スウェーデン/AstaReal AB
アスタキサンチンの生産と販売を行っています。
アメリカ合衆国/Fuji Chemical Industries USA, Inc.
医薬品原料およびアスタキサンチンの販売を行っています。
アメリカ合衆国/AstaReal, Inc.
アスタキサンチンの生産と販売を行っています
アメリカ合衆国/Astavita, Inc.
アスタキサンチンのリテール販売を行っています。
シンガポール/AstaReal Pte. Ltd.
アスタキサンチンの販売を行っています。
オーストラリア/AstaReal (Australia) Pty Ltd
アスタキサンチンの販売を行っています。
インド/AstaReal (India) Private Limited
医薬品原料およびアスタキサンチンの販売を行っています。
map
国内

3か所の事業拠点で、医薬品・機能性食品の研究開発から製造、
営業・マーケティング活動までを行っています。

本社・本社工場

1946年10月の創業以来、制酸剤「ノイシリン®」の主力生産工場として稼働しています。原薬の合成から包装まで一貫生産体制を実現しています。

敷地面積:10,266m2 (3,110坪)
建物延床面積:9,969m2 (3,016坪)
所在地:〒930-0397 富山県中新川郡上市町横法音寺55
TEL:076-472-2323(代表) FAX:076-472-2330

郷柿沢工場

1974年9月に完成した生産工場。生産部門は無機医薬品合成と有機医薬品合成、スプレードライ加工および製剤の3部門で構成されています。2015年7月に密閉型スプレードライ設備を増設し、2016年7月には高薬理活性医薬品対応スプレードライ設備が完成しました。

敷地面積:137,429m2 (41,637坪)
建物延床面積:35,856m2 (10,846坪)
所在地:〒930-0397 富山県中新川郡上市町郷柿沢1


東京支店

東京支店には原薬医薬営業本部(東京営業部)、国際事業部、メディカルニュートリション営業部(東京)を設置。主に医薬品メーカーを対象に既存薬及び治験薬の受託製造に向けた営業活動や、天然抗酸化素材であるアスタキサンチンなどの有用性を様々な医療機関に対して啓発活動を行っています。

所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園 フロントタワー12階
TEL:03-3437-2326(代表) FAX:03-3437-2347


大阪支店

大阪支店には原薬医薬営業本部(大阪営業部)、メディカルニュートリション営業部(大阪)を設置。主に医薬品メーカーを対象に既存薬及び治験薬の受託製造に向けた営業活動や、天然抗酸化素材であるアスタキサンチンなどの有用性を様々な医療機関に対して啓発活動を行っています。

所在地:〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜2-5-23 小寺プラザ9階
TEL:06-6202-8901(代表) FAX:06-6202-8909