What's New

2015年11月26日

タイトル 「アスタキサンチン」に 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の予防・抑制作用があることを発見しました。
本文 NASHの予防・抑制に、今が「旬」の食材のサケやカニに含まれる赤い色素「アスタキサンチン」が有効であることを世界で初めて明らかにしました。

今回の成果から、アスタキサンチンに、生活習慣の改善以外に治療手段が確立していないNASHの治療薬へ
の応用が期待されます。
リンク http://www.fujichemical.co.jp/images/whatsnew/uploads/2015/11/富士化学リリース_NASH_報道.pdf